幼児教育に目覚めてみる

人生は実は、幼児期に決まる?

当然と言えば、当然ですが、世の中には様々な人生があります

お母さんのお腹から、オギャーと産まれるところまでは一緒ですが

そこからは、おっぱい飲んで、ねんねして、くらいまでは

そんなに大差ない人生を歩むとは思いますが

産まれてから月日が経つにつれて、どんどん違う人生に向かって歩んでいきます。

最終的には、豊かで幸せな老後をニコニコしながら送るおばあちゃんになる人もいれば

生活保護を受け、何とかギリギリの生活を維持するおじいさんになったり

はたまた、ホームレスとして段ボールにくるまって夜を過ごす人生まで。

何が良い人生か?という問いに答えるのは難しいとは思いますが

やっぱり、それなりに豊かで幸せそうなご老人を見ると

こんな人生を歩みたい、って思いますよね?

じゃあ、何が人生をそんなに分けるのか?

真剣に考えてみた時、その人の物の考え方や価値観

はたまま、家庭の教育環境などが、大きく影響していると思われます。

というのも、子供を保育園に預けるようになって

子供に友達が出来て、お互いの家を行ったりきたりするようになると

自分の家庭と他所の家庭の違う点

はた、と気付かされることが多くなり

なるほど、こんな違いの積み重ねが、やがて人生を大きく分けていくんだ

と、子供を育ててみて初めて気付いたからなのでした。

そして、その差の始まりは、幼児期に既に始まっているのです。

幼児教育に出会う

ママ友のあきらめ

10代で出産したのんちゃん。

人生の急転直下に、産後すぐは

とにかく目の前の子供の世話に必死で

自分でも毎日、何しているのかよく分かっていないまま

日々が過ぎていきました。

ようやく半年、一年と過ぎて

子供もヨチヨチ歩きをするようになって

子供の予想外の行動に振り回されてる毎日の中

こんな時は、どう対処すればいいの?

こんな時は、どうしてあげればいいの?

等々、様々な疑問が…。

のんちゃんは、実家のサポートを受けながら

子育てをしてきたのですが

まだ若いのんちゃんの母は、バリバリ現役で働いているため

そんなに付きっ切りで面倒をみてくれるわけではありません。

一人、子供と向き合いながら

試行錯誤してみる日が続いたわけですが

改めて、さて、これからどんな風にこの子を育てていったらいいだろうか?

と考え始める頃、他所の育児が気になりだしました。

同級生で育児をしている人、なんていうのもいませんでしたから

友達に聞く、というわけにもいきません。

ヨチヨチ歩きの娘を連れて、公園に行くようになると

沢山の小さな子供連れのママがいます。

ママ友グループのようなものを作って

子供を遊ばせつつ、井戸端会議に花を咲かせるママ達。

でも皆、のんちゃんよりずっと年上で

のんちゃんは、その輪に入っていくことも出来ず

ごく、たまぁ~に、親切で気の利くようなママが

気を遣って輪に入れてくれたとしても、なかなか話についていけないことが多く

ただ、気疲れしてしまうだけ、ということが多いので

ママ友を作るのを、きっぱり諦めました。

ネットで子育て

そこで子育ての情報収集は、もっぱらネットとなってしまいました。

ネットで子育てブログなどを探すのですが

ブログランキングなどで上位だったり

人気があって見つけやすいブログというのは

一般のママよりも、素晴らしい、素敵な育児をしている

意識の高いママが書いていたりして

皆が参考にするくらいなので、ワンランク上の生活をしていたりします。

高卒でデキ婚ののんちゃんには、敷居が高かったりするのですが

自分の身の丈にあった、丁度いいブログに辿りつくほどの検索能力もなければ

また、元来ものぐさなため、根気よく探すということも

面倒くさくなり、仕方なく、皆の人気者、意識高い系のママのブログを参考に

育児をしていくしかありませんでした。

意識高い系ママのブログ

そういうブログを読んでいると、皆、幼児教育に熱心だったりするため

だんだん、幼児教育の素晴らしさに洗脳されていくことになります。

のんちゃん自体が、ろくな教育も受けず、高卒のままママになってしまった

コンプレックスもすごくありますし

意識高い系のママが、ブログにアップする日常写真などを見ていると

こんな生活を送れるようになるためには

やっぱり、幼少期からきちんとした躾や教育を受けて

お嬢様の集う、中高一貫校などに通い

いい大学、大手企業などを経て、やっぱりエリートな旦那様と出会い

その後は専業主婦になって、熱心に子供を教育して

更に、その子も…、という、ワンランク上ライフ無限ループ

感じずにはいられません。

私が言うのも何ですが、娘にはやっぱりコンビニで働くヤンママとかには

なってほしくない、という強い思いもあり

高卒でありながらも、子供の教育に熱を入れざるを得ない気持ちになってきました。

先立つものはお金…。

でも、じゃあどうやって子供にそんな高い教育をしてあげられるのか?

と考えた時、やっぱり自分では無理なので

お金を払って、その道のプロの力を借りる以外、選択肢がありませんでした。

丁度、のんちゃんが石田塾に入ったように

まずは、その分野で秀でている人に師事するのが一番

確実で手っ取り早いと思います。

アフィリエイトもいろいろな書籍や無料の情報なんかも溢れかえっていますが

結局、そういうもので取り組んでも最初のうちは

必ず、分からないことにぶつかります

はたまた、どこが分からないのかも分からないほど

チンプンカンプンだったりするわけです。

そういう一人では乗り越えられないような壁に出会うと

結局は、挫折してしまい時間を無駄にしただけに終わってしまうので…。

お手本にするべき人とコンタクトが取れて

いろいろ質問出来たり、よく分からないところは

サポートしてもらい乗り越えていく、という体制が出来てないと

全く未知の分野を一人、開拓していくというのは

無謀なチャレンジだと、石田塾を通してのんちゃんは学んだので…。

高い教育のために、高卒のんちゃんに出来ること

それは結局、娘のためにお金を稼ぐ

ただそれだけなのでした…。

まずは稼いで、下流ループから抜け出そう!

コンビニでずっとアルバイトをする以外

稼ぐ手段のなかったのんちゃん。

でも、コンビニでアルバイト程度では

下流の河を遡るのは至難の業なのです。

それこそ、24時間365日働く、とかでないと

子供を高額塾とかに行かせたりは出来ないでしょう。

コンビニで、激しく働いて子供を私立の中高一貫校に入れた

とか、聞いたことがありません。

だからこそ、ネットの力を借りるしかないのです。

まずは、稼ぐ。

そして、子供に投資をしていく。

いつか自分が、もしくは子供が、意識高い系ママブログを更新していく

その日まで…。

それは、石田塾で学んでいく、大きなモチベーションになるのでした。

おまけ

意識高い系ママの間で、最近評判の幼児教育が七田式

東京大学医学部に通いながら、大学3年生21歳にして最年少で司法試験合格、

フジテレビのバラエティー番組「さんまの東大方程式」などに出演し

「超神童」と呼ばれている『河野玄斗』君も、七田式で学びました!

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする